女性の社会進出によって

男女平等社会が進み、女性の社会進出が増えてきました。それに伴い、結婚するために仕事をやめるという女性は減り、結婚しても仕事を続ける女性たちが多く見受けられます。男性より繊細な仕事ができることから男性以上に出世する人も多く、男性よりも収入が多い女性たちも増えてきているようです。今まで、男性は外で仕事をして、女性は家で仕事をするというのが世の中の常識でした。そのような時代は、男性の収入だけで家族を養っていく必要があったのです。子だくさんで家族がたくさんいる場合は、男性の収入が高くなければ、なかなか生活もままならなかったのが常識でした。今では、女性も働いて収入を得られるようになり、家計の面で男性側の負担も減ってきているようです。そのようにして生活費が増加することにより生活が楽になったのはいいことですが、逆に問題点も多くあります。女性が社会復帰するようになったことで、人間関係の距離感の取り方が複雑化してきているのです。パワハラ・セクハラなど、異性同士ならではの人間関係のゆがみが増えてきています。職場に女性がいることが当たり前になってきているので、男性は女性の気持ちを考える必要性がでてきているのです。また、女性同士の人間関係トラブルが起こっているのも確かだといえます。専業主婦として家を守る時代とは違い、女性が社会に出るようになったため、家庭と職場のストレスを抱えがちです。ついイライラして、人に当たっている人がいるのも事実だと思います。子育てをしているのであれば、自分のストレスが子どもに悪影響を及ぼしかねないため、少しでも人間関係の良い場所につきたいものです。

Feed

http://www.sokolstodulky.net / 女性の社会進出によって