生活費の管理方法について

夫婦で共働きをすると、お互いの収入で生活できるというメリットがあります。しかし、どのように管理するのかは大きな問題となってくるでしょう。よく、光熱費は旦那さんの収入から・娯楽費は奥さんの収入からなどと、費用ごとに支払う人を分割する夫婦の話を耳にします。このように、費用ごとに支払いを分担する場合、どれを誰が払えばいいのかが明確なのはいいことです。しかし、費用の分担によってはかかる費用に大きな格差ができたりしてしまい、夫婦の揉めごとの原因になる場合があります。また、お互いに支払いが終わって残った分は、自分のお小遣いのように扱ってしまう傾向があるので、なかなか貯蓄することが難しいという欠点もあるようです。では、どのように管理すればトラブルが少なく、たまりやすい生活費の管理ができるのでしょうか。費用ごとに支払う方式をやめて、お互いが働いて得た収入を夫婦二人の共同のお財布に入れ、どちらか一人が管理するようにしましょう。その際、あくまでも自分のお小遣いはきちんと分けておきます。収入に格差がある場合でも、この方法であれば費用を支払うことができなくなるなどといったことはありません。まして、収入すべてをひとつにまとめてしまうことで、お互いの収入の格差に違いを感じにくくなります。毎月にかかる全体的な金額もわかりやすくなるので、貯金がしやすくなるのもメリットといえます。夫婦共働きで収入が増えるからこそ、しっかりと管理して賢く貯金したいものです。

Feed

http://www.sokolstodulky.net / 生活費の管理方法について